LOHASな暮らし in 館山

南房総在住のYoshiが自動車や新車ディラーまた、南房総のパワースポットを紹介するブログです。

「スタイリッシュなファストバックスタイル!」新型ACCORDに試乗した Part1 内装外装チェック

f:id:tateyama-lohas:20200303083332j:plain

新型Honda ACCORD

みなさん、こんにちは。「歩いている人が少なくなりましたね。早く収束してほしいですね。」館山田舎暮らしのYOSHIです。

 

本日は新型アコードが入庫したということで、Honda Cars 館山 館山バイパス店さんに行き、試乗インプレッションをしてみました。Part1 では、内装外装チェックをしました。

 

もくじ

 

アコード概要

f:id:tateyama-lohas:20200303094421j:plain

もはやシフトレバーはありません

ACCORDは、初代が1976年にデビューした歴史のある車です。今回の新型は10代目になります。全体的な印象は、スタイリッシュなボディで快適装備が充実しています。

 

ラインナップは、EXという1グレードで、車両本体価格は、¥4,650,000(税込み)です。

 

Yoshiは、6代目のアコードのSIRというグレードに乗っていました。5ナンバーサイズの車体でパワフルなエンジンを積んだ、走る曲がるが楽しい車でした。

 

アコード外装:ファストバックスタイルがかっこいい

f:id:tateyama-lohas:20200303083333j:plain 

アコードは、昔からライバルに比べヨーロッパ車のような雰囲気を持っていました。新型も、世界的にブームになりつつあるファストバックスタイルを採用しています。

 

サイズは、全長4900 x 全幅1860 x 全高1450 でワイド&ローのスタイリングです。現車を見ると低めの全高とスタイルでサイズよりコンパクトに見えます。

 

フロントは、最近のホンダ車に共通するフェイスで、インラインヘッドライトが特徴的です。サイドからリアにかけては、とてもスタイリッシュでかっこ良く見えます。

 

アコード内装:充実した快適装備

f:id:tateyama-lohas:20200303083334j:plain

 

試乗車は、ベージュのインテリアでこの車の雰囲気に合っていると思います。黒のインテリアも選べます。

 

トランクは573ℓあり、ゴルフバッグが4つ収納できます。トランクスルーもありました。リアシートも広々としていてシートヒーターも装備されています。

 

フロンには、ベージュの本革シートや木目調のパネルがあり、明るい印象があります。サンルーフは標準装備です。シフトレバーはもはやありません。

 

コックピットで特徴的な装備は、 フロントウィンドウに写るディスプレイです。主にスピードが表示されます。以前、日産シルビア(S13)に装備されていました。(懐かしいですねー)

 

まとめ


【Honda ACCORD】新型アコードに試乗した スタイリッシュなセダン Part1 内装外装チェック

 

今回は、ディーラーさんのご厚意で新型ホンダアコードに試乗させて頂きました。

 

カタログの印象では、「大きくてアメリカ市場向けの車」と思っていました。ところが、現車を見るとファストバックスタイルと低めの全高でかっこ良いいと思いました。黒のボディカラーも良く似合っていました。

 

Yoshiは、車は自分やライフスタイルを表すものだと思っています。(古いかな)従って、これまでアコードが好きで乗ってきた人にも受け入れられると思いました。セダンが好きな人にお勧めの1台です。

 

次回は、「試乗編」をレポートします。ごきげんよう!

 

にほんブログ村 車ブログ 車 試乗記へ
にほんブログ村