LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

台風に遭遇したフィリピン人のお友達にインタビューしました 言葉の通じない国で被災したらどうすべきか?

f:id:tateyama-lohas:20190920170558j:plain

Aikoさんは館山で英語の先生をしています

みなさん、こんにちは。「ラグビーワールドカップが始まりました。選手の皆さん、元気をありがとう!」館山田舎暮らしのYOSHIです。

 

本日も懲りずに外人の友達と台風の当日についての体験を語りましたが、言葉が通じない外国で被災した時どうすべきかを考えてみました。

 

もくじ

 

言葉の通じない国で被災したら

f:id:tateyama-lohas:20190913165434j:plain

電柱が傾くと電気の復旧が困難になります

自然災害は防ぐことが出来ません。自分が日本人で日本で被災した場合、救援、救助が問題なくなされると思います。また、保険が下りて損害をカバーできるかも知れません。

 

助け合いもありました。SNSを拡散してその情報を見てどれだけ助かったことか・・

 

しかし、言葉の通じない場合、そうはいきません。今回のインタビューで分かったことは、ニュースもSNSもその国の言葉で話されているということです。

 

ここが困った(外国人の意見)

f:id:tateyama-lohas:20190918201757j:plain

無線放送も全然分からないと言っていました

今回は、イギリス人1人とフィリピン人2人にインタビューしました。3人とも英語のネイティブスピーカーで日本語は初級レベルです。困ったことをまとめてみました。

 

我々日本人は、自分たちが旅行や仕事で海外へ行き、そこで被災したらどうなるのだろうという視点でみてください。

 

①現地の言葉が良く分からない

台風の後の館山市の対応は良かったと思います。必要な情報はスピーカーで流れてきましたし、市役所へ行けば必要な情報は可能な限り得られました。

 

しかし、外国人はスピーカーの情報やニュースがほぼ分からなかったと言っていました。つまり目で見たものからしか情報がありませんでした。

 

②SNSも役に立たない

千葉県で多数の外国人が被災し、SNSで情報をシェアしていた可能性は高いでしょうか?そうかもしれませんが、日本に来たばかりの外国人は知る由もありません。

 

また、電波の状態が良好とは限りません。今回の台風では多くの地域で電波が届きませんでした。つまりインターネットが役に立たない時があるのです。

 

③どこへ行けばいいのか分からない

国内なら、家族や親戚が心配して連絡をくれたり、必要な物資を届けてくれるでしょう。また、ご近所で助け合いもありました。

 

知り合いの少ない外国人の場合はどうでしょう?助けたくても言葉の壁があり躊躇してしまいませんか?これが外国人にとってのつらいところです。

 

役所に行けば、英語なら話す人は少なからずいますが、そこへ行けばいいと考える外国人はどれくらいいるのでしょうか?

 

④ライフライン復旧後の対処が出来ず2次災害を起こす可能性がある

現代住宅は、電気が止まるとガスや水道さえ使えなくなる時があります。突然の停電の後、冷静にブレーカーを落とすことのできる外国人はどのくらいいるのでしょうか?

 

通電した後、漏電が原因で火災を引き起こす例が少なくありません。この知識は、皆でシェアすべきです。

 

対策をしよう!

f:id:tateyama-lohas:20190913165255j:plain

強風時はまず自分の身と窓ガラスを守りましょう

対策はいろいろありますが、やはり言葉とコミュニケーションの割合がが大きいと思います。

 

①コミュニケーションが大切

日本人にとっても外国人にとっても必要なことは、日頃からコミュニケーションを取ることです。もっとの大切なことだと思います。

 

②現地の言葉を覚える

その国の言葉を覚え増しよう。日本に住む外国人なら最低限の日本語を、海外に住む日本人なら最低限のコミュニケーションが出来る程度の現地語を覚えましょう。

 

英語ができるから大丈夫と思うのは間違いです。中国や南米など英語が通じにくいところが少なからずあります。Yoshiは香港で英語を話す人が少なくて驚いた経験があります。

 

③必ず情報を得れる場所を知っておく

 日本なら役所ですが、大使館かもしれないですし、会社かもしれません。何かあったときに行きべき場所を知る必要があります。

 

④ライフラインが切断されたら

復旧した時に備えて、ブレーカーを落とす。そして水道はすべて止めておいた方が安全です。ガスは自動的に切断すると思います。(チェックはしましょう)

 

まとめ 


【台風体験】館山で台風15号に遭ったフィリピン人のお友達に話を聞きました。Talk with my Philippine friend about the typhoon experience

 

今回は、外国人が被災して困ったこと、または日本人が海外で被災して困るであろうことについて傾向と対策について書きました。

 

一度じっくり考えてみることをお勧めします。外国人の生の声を動画にしたので良ければご覧ください。

 

さて、ワールドカップで寝不足が続きそうです!

 

それではまた、ごきげんよう!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村