LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

巨大スズメバチの巣を駆除してみた!:駆除の一部始終を記録しました

f:id:tateyama-lohas:20190814155632j:plain

スズメバチの巣 

みなさん、こんにちは!。「本日の館山市の人口、普段の2倍越え!」館山田舎暮らしのYOSHIです。

 

先日、巨大スズメバチの巣を発見してびびってしまいましたが、気を取り直し駆除しようと決意しました。

 

本日のテーマは、(業者に依頼し)「巨大スズメバチの巣を駆除してみた!」です。スズメバチに刺されるリスクを負い、(安全な場所で)決死の覚悟で撮影しました。

 

もくじ

 

田舎暮らしのリスク:スズメバチの巣

f:id:tateyama-lohas:20190814160136j:plain

田舎暮らしに憧れる人は多いと思います。海の近くや山の中、湖畔も素敵です。家庭菜園もやってみたいですね。Yoshiもそのように思い、10年前に館山に移住しました。

 

田舎暮らしは、楽しいことも多いのですが、リスクもあります。リスクのひとつが害虫です。それらを避けるために、毎週草刈りが必要になります(Yoshiは2週間に1回)。

 

草刈りを怠り、庭が草ぼうぼうになると、スズメバチやアシナガバチ、蛇やムカデなどが増えます。彼らは人の来ない安全な場所を好みます。

 

特にスズメバチは危険で、刺されると命にかかわることがあります。草刈りをしていると突然襲われたり、ただ歩いているだけで威嚇されることもあります。

 

警告段階で気づき、ゆっくり離れれば問題ありませんが、パニックになり振り払うと、攻撃と受け取られ刺されます。そのうち仲間も来て集団で刺されることもあります。

 

毎年決まった場所に作られる

f:id:tateyama-lohas:20190814155310j:plain

屋根の内側に作られます

今年の6,7月は雨も多く、草刈りや家のメンテナンスがあまりできなかったため、8月になり本格的に草刈りを始めたところ、あれを発見しました。

 

去年と場所は違いますが、またしても屋根の内側に巣を作られました。Yoshiが発見した時は、直径30㎝くらいの大きさになっていました!

 

かなり動揺しながらビデオ撮影したものを、前回のブログにで報告しました。

 

www.tateyamalohas.work

 

このままではベランダに出ることすら出来ないので、駆除を業者に依頼しました。しかし、今年は同様の依頼が多いらしく、1週間以上待ちようやく駆除に至りました。

 

駆除の手順

f:id:tateyama-lohas:20190814160722j:plain

スプレーをかけて駆除していました

駆除当日は、夜に行うとのことでした。昼間だと出かけている蜂が戻ってきて、巣がないことに激怒して、住人を刺すことがあるためです(去年も夜でした)。

 

駆除の手順は、① スプレーをかけて蜂の動きを封じる、②蜂の巣を取るという単純な作業でした。

 

① スプレーをかけて蜂の動きを封じる

どんな成分かわかりませんが、蜂の巣に近づきスプレーを吹きかけていました。まず、巣の表面にいるスズメバチにかけて動きを封じ、同時に巣に穴をあけスプレーを注入していました。

 

②蜂の巣を取る 

スズメバチの動きがなくなると、今度はヘラを使い、スズメバチの巣を取っていました。片手には網を持ち、巣を回収をしました。

 

すべての巣を取ると今度は、網の中の巣をビニール袋に移していました。これで完了です。ここまでかかった時間は、準備を含めわずか30分でした。

 

まとめ


【閲覧注意】巨大スズメバチの巣を駆除してみた!

 

今回も動画にまとめました。 Yoshiは、駆除業者に撮影の許可を求めましたが、安全な場所に限り撮影する許可をいただきました。

 

スズメバチやアシナガバチに巣を作られてしまった場合、業者に依頼し駆除してもらうのが一番いいと思います。

 

しかし、蜂に巣を作られるのは家の管理不足も原因ですので、草刈りや外壁の清掃は定期的に行いたいものです。

 

「でもYoshiは自宅で、アシナガバチを飼っていたそうだけど。本当?」

 

「そんなことしませんよ!」(本当は、物干しざおに巣を作られましたが、可愛いので

 放置していました・・)

 

それではまた、ごきげんよう!

 

応援よろしくお願いいたします!

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村