LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

やっぱり荻窪(おぎくぼ)はいい街だった!:YOSHIの生まれ育った街散歩 荻窪編 Part1

f:id:tateyama-lohas:20190702150847j:plain

線路沿いの憩いの場

みなさん、こんにちは!「新宿に行き、あまりの人の多さに、何の祭りだろうと思いました!」館山田舎暮らしのYOSHIです。

 

本日は、「館山」を離れ、YOSHIが生まれ育った町「荻窪」に久しぶりに行ってきました。YOSHIは10歳までこの街で過ごしました。今回は、主に幼稚園から小学校まで関係のあった施設を紹介します。(注)

 

(注)記事は、「荻窪のスポット紹介」ではありません。ただ、おっさんが懐かしんでるだけで皆さんには何の役にも立ちません。あしからず。

 

 

荻窪(おぎくぼ)ってどこ?

f:id:tateyama-lohas:20190702152628j:plain

荻窪駅北口

荻窪は、東京都杉並区の真ん中あたりに位置し、JR荻窪駅 周辺の、南荻窪、上荻(かみおぎ)、西荻北、西荻南が含まれます。地下鉄丸ノ内線の始発の駅でもあります。

 

名前の由来は、分かり易いですね。

荻窪という地名の由来は、この地を訪れた旅人が辺に自生していたを刈り取って草堂を造り、観音像を安置し荻堂(おぎどう)と名付けたことと、周辺の地形が窪地であったことによると伝えられる。(Wikipediaより引用)

 

駅周辺(北口側)は、変わっていない印象でした。特に地下鉄の側(西口?)は西友やマクドナルドなどがあり、子供のころと同じ景色でした。

 

YOSHIの実家(だった場所)は、青梅街道沿いで、杉並公会堂の近くにありました。青梅街道沿いの景色は変わりました。アーケード商店街がなくなり、現代的な商業スペースになっていました。

 

杉並公会堂を超えて、四面道交差点の近くに実家がありましたが、残念ながら、実家であったであろう場所はビルになっていました。

 

YOSHIの通っていた保育園:観音保育園

f:id:tateyama-lohas:20190702152810j:plain

光明院 

「観音保育園」は、JR中央線の線路と環状8号線の交差したところにある「光明院」というお寺の敷地にありました。(この名前が正しいか知っている人教えてください)

 

光明院の創建は、奈良時代と言われていて、荻窪の地名のルーツになったそうです。

言い伝えによると奈良時代以前の和銅元年(708年)に名僧・行基作の仏像を背負って遊行していた僧がこの地を通りかかった際に、急にその仏像が重くなり、運べなくなったのでまわりがでいっぱいだった当地にお堂を作って仏像を安置したのが当寺院の始まりであると言われている[1]。あたりが荻だらけだった当寺院は荻寺と呼ばれ、それが荻窪の地名のルーツになったと言われている。(Wikipediaより引用) 

 

写真敷地のどこかに保育園があったと思います。建物は取り壊されたと思います。本堂にも入った記憶があります。

 

YOSHIの通っていた小学校:若杉小学校

f:id:tateyama-lohas:20190702153130j:plain

旧若杉小学校

YOSHIが小学生のころ通っていた学校です。若杉小学校は、杉並区天沼にある小学校ですした。しかし、児童数の減少により 2008年に杉並第五小学校と合併し、「天沼小学校」となり移転しました。

 

現在は、保育園として使われているのでしょうか?MAPからは何の情報も得られませんでした。

 

ただ、狭い道や狭い校庭には驚きました。道路は一方通行でしたが、車が通ると人が避けなければいけないほどの道幅でした。校庭も100mトラックでしょうか。小さかったんですね。

 

YOSHIがよく行っていた場所:杉並公会堂

f:id:tateyama-lohas:20190702153355j:plain

杉並公会堂 きれいな建物になってました

杉並公会堂は、子供のころよく遊んでいた場所でした。

1957年に開館した旧公会堂は1,176席のホールを有しており、当時の東京には1,000席以上の大ホールは戦前からの日比谷公会堂しかなかった中、音響設備等が優れた最先端ホールとして「東洋一の文化の殿堂」と呼ばれた。(Wikipediaより引用)

 

フェラーリやランボルギーニなどのスーパーカーがよく駐車しているのを見ました。YOSHIの車好きはこのころの影響が大きかったと思います。

 

現在の公会堂は、2003年に改築し、2006年にリニューアルオープンしたそうです。現代的な建物になっていました。

 

新星堂の本社が公会堂の隣にありましたが、現在は茨城県つくば市に移転したんですね。跡地にはマンションが建っていました。

東京都杉並区が創業の地であり、かつては本社を荻窪駅そばの杉並公会堂隣接地に置いていた[3]1974年昭和49年)に完成した本社社屋には、1・2階にレコード・CD・楽器等の販売店舗も併設されていたが、のちに本社機能のみとされた。(Wikipediaより引用)

 

アクセス 

今回は、荻窪駅北口からスタートして青梅街道沿いに歩き、四面道交差点からは環八沿いにお散歩をするコースでした。

 

具体的には、荻窪駅北口ロータリー→青梅街道→若杉小学校跡→杉並公会堂→実家跡→四面道交差点→環状八号線→光明院→白山神社→荻窪駅北口のルートでした。

 

YOSHIの独り言

f:id:tateyama-lohas:20190702154245j:plain

こんな散歩道(参道)もあります

今回は、YOSHIの生まれ育った街「荻窪」を散歩しました。実は40年ぶりに行ったのであらゆるところが変わっていました。また、すべてが小さく見えました。

 

変わらないものもありました。駅周辺の景色や裏通りや神社です。本当に懐かしさを感じました。故郷というのはこういう感情なのでしょうか?

 

YOSHIは、荻窪で生まれ10歳まで過ごし、それ以降は埼玉を中心に住んでいました。その間に実家が消滅しました。日本全国に出張に行ったり、海外で暮らしたりしましたが、何かが足りない、根っこがないといつも感じていました。

 

館山に移住したのは、「故郷」を作るためだったかもしれません。

 

しかし、館山に10年住んでの感想ですが、自分には根っこや故郷は必要ないと思いました。好きなところに住み、好きな時に好きなところに旅行できればそれでいいです。

 

今は会社に勤めなくても稼げる、いい時代になったと思います。将来を心配するよりも稼ぎ方を工夫して、全力で好きなように生きていきましょう。

 

「あ!荻窪ラーメン食べるの忘れた!」

 

それではまた、ごきげんよう!

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村