LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

「砂山でサンドボードを体験しよう!」:南房総ここは外せない観光スポット 19、砂山、館山砂丘

f:id:tateyama-lohas:20190523180643j:plain

砂漠の世界へようこそ!

みなさん、こんにちは!「(PTA)会議は踊る!」館山田舎暮らしのYOSHIです。

 

本日は、館山周辺のお勧めスポット、「南房総ここは外せない観光 スポット」シリーズ第19弾で、「砂山、館山砂丘」を紹介します。

 

 

砂山、館山砂丘とは

f:id:tateyama-lohas:20190523182312j:plain

砂山 雲の形が面白い

砂丘といえば、「鳥取砂丘」が有名ですが、ここ館山にも砂丘がありました。

 

房総半島南端のこの地には、いつも西から風があります。特に冬は「大西」といってとても強い西風が吹きます。風が砂を運び「砂山」や「館山砂丘」ができました。防砂林が出来る前は、どこもこんな光景だったのでしょうか? 

 

平砂浦からゴルフ場を挟んで反対側、そこには、砂漠がありました。昔はもっと面積があったそうです。植物が生えてきて、面積が縮小しているようです。関東一の面積を誇る砂山を見学してみましょう。

 

ここに行くべき3つの理由

砂山、館山砂丘の魅力は、何といっても広大な砂丘です。お勧めポイントは、①砂丘ウォーキングをしよう!、②砂丘を登り切ったあとの絶景、そして、その先の館山砂丘でのサンドボードやサンドスキーのアクティビティーです。

 

①砂丘ウォーキングしよう!

f:id:tateyama-lohas:20190523182557j:plain

ウォーキングの途中は振り向いてはいけません

写真では分かりにくいのですが、高低差が激しいです。砂丘を上るにはそれなりの体力が必要です。YOSHIは、「ネタ」のため必死に登りました。

 

コンバースのスニーカーを履いていたことに後悔しました。歩きにくいし、砂が入るし・・。登山靴または、クロックスのサンダルなどを履くことをお勧めです。

 

ウォーキングは疲れますが、登り切った後に報酬があります。それまでは後ろを振り向かないで下さい。

 

②苦労の果ての絶景!

f:id:tateyama-lohas:20190523182106j:plain

絶景です!

砂山の頂上まで来たら、振り返って下さい。写真のような景色があります。太平洋とゴルフ場の芝生、砂漠と緑のコンビネーションを味わってみましょう!

 

景色を楽しんだ後は、先に進みます。

f:id:tateyama-lohas:20190523191657j:plain

館山砂丘につながる道です。マムシに注意してください!

 

③サンドスキー、サンドボードを楽しもう!

f:id:tateyama-lohas:20190523181923j:plain

ここでサンドボードを楽しめます

少し狭い道を先に進むと突然景色がひらけます。「館山砂丘」です。砂丘と言うだけあって面積が広く、傾斜もきついので、アクティビティーを楽しむことができます。

 

「サンドスキー」や「サンドボード」を楽しみましょう!サンドボードは、「SURFCO」というショップでレンタルしています。(今度試してみます!)

 

SURFCOのウェブサイト

www.surfco.jp

 

アクセス 

富津館山道、冨浦インターから車で40分くらいです。(毎度アバウトですみません)

駐車場は、5,6台くらいだと思います。

 

トイレや水道設備がありませんのでご注意ください。道の駅「南房パラダイス(アロハガーデン)」で用を済ませてから砂山に行くことをお勧めします。

 

まとめ

f:id:tateyama-lohas:20190523182952j:plain

砂山入口 駐車場は狭いです

 本日の「砂山、館山砂丘」はいかがだったでしょうか?

 

子供がよく遊びに言ってましたが、YOSHIは、初めての経験でした。平砂浦の原始的な景色が好きで、ここに移住しましたが、まさにその景色を味わうことができます!

 

サーフィンをやる人たちが、ここにサンドボードをしに来るそうです。スノボをやる人もきっと楽しめます。

 

YOSHIの家の近所にこのような場所があることに感謝します!

 

もうすぐ街中へ引越してしまいますが・・・

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

いつも応援していただきありがとうございます

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村