LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

「さよなら!、田舎暮らし」:館山洲宮地区の観光スポット 2、満徳寺(まんとくじ)

f:id:tateyama-lohas:20190508184811j:plain

満徳寺 涅槃仏(ねはんぶつ)

皆さん、こんにちは!「ゴールデンウイーク(宿泊業)は終わり、学校(ALTサポート業務)が始まりました」YOSHIです。

 

本日も、「さよなら、田舎暮らし」企画として、YOSHIが今住んでいるエリアである「洲宮」を紹介したいと思います。

 

 

満徳寺とは

f:id:tateyama-lohas:20190508191546j:plain

満徳寺 入口

満徳寺は、館山市にある山号「常楽山」で宗派のない寺院で、1982年に建立されました。青銅製の涅槃仏(ねはんぶつ)が有名です。寺院は、入口から山道を10分ほど登った先にあります。登った先には「感動」が待っていました。

 

ここに行くべき2つの理由

満徳寺の最大の特徴は、巨大な涅槃仏です。この像を見るために、ひたすら山道を登ります。また、山頂からの眺めが素晴らしかったです。

 

①巨大な涅槃仏

f:id:tateyama-lohas:20190508191001j:plain

全長16m 重さ30t

境内の涅槃仏は、全長30m、高さ3.75m、主さ30tで、青銅製の像では世界最大級の大きさと言われています。(写真で伝わっているか分かりませんが、ちょーデカいです!)

 

参拝方法は、まず5本の線香を立て、お釈迦様の前で手を合わせます。次にらせん状の台座を「手を合わせながら」時計回りに3週します。最後にお釈迦の足の裏(転法輪)に額を当て祈願します。(YOSHIは説明をあまり聞いてなく、かなり少し違うことをしました)

 

②眺めを楽しむ

f:id:tateyama-lohas:20190508190335j:plain

展望台からの眺め

参拝が終わったら、展望台に行き眺めを楽しんでください。平砂浦海岸が一望できます。250m歩いたことが報われます。

 

アクセス 

富津館山道、冨浦インターから車で30分 らいです。駐車場は10台ほどしか入りません。また、カーブの途中に入口があるので見落とさないように注意してください。

 

詳細はこちらです

常楽山萬徳寺 | 一般社団法人 館山市観光協会

 

まとめ 

f:id:tateyama-lohas:20190508200850j:plain

ここ(転法輪)に額を付けて祈願してください

本日の「さよなら、田舎暮らし:満徳寺」はいかがだったでしょうか?

 

満徳寺の最大の特徴は、世界最大級の涅槃仏です。また、展望台からの眺めが素晴らしいです。

 

YOSHIの家から車で2分のこの場所に、今回初めて行きました。もっと早く行き、伝えればよかったと後悔しています。この地区訪れることがあれば、ぜひ立ち寄って下さい。

 

明日も、散策ついでに仕事します!仕事ついでに散策します!

 

それでは皆さん、ごきげんよう!

 

”There is more to life than increasing its speed.“  ( Mahatma Gandhi )

「人生には、スピードを上げることより重要なことがある」(YOSHI訳)*肝に銘じます。

 

いつも応援していただきありがとうございます!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村