LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

「里のMUJI(みんなみの里)に行ってみた!」 南房総ここは外せないスポット 15、里のMUJI みんなみの里

f:id:tateyama-lohas:20190504172602j:plain

みんなみの里

皆さん、こんにちは!「あっという間に、ゴールデンウィーク後半!」まだ楽しい予感がするYOSHIです。

 

本日も、館山周辺のお勧めスポット、「観光地、ここは外せない スポット」シリーズ第15弾で、「里のMUJI(みんなみの里)」(千葉県鴨川市)を紹介します。

 

 

里のMUJI(みんなみの里)とは

f:id:tateyama-lohas:20190504172817j:plain

里のMUZI

みんなみの里は、千葉県鴨川市にある施設で、農作業を通して都市住民と交流を図ることを目的とした相互区交流ターミナルでした。 2018年から無印良品が中心となり、「里のMUJI」としてオープンしました。

 

2018年3月、「無印良品」を運営する良品計画指定管理者なり、4月27日に小売店「無印良品」と喫茶・食堂Café&Meal MUJI」が入居した「里のMUJI みんなみの里」としてリニューアルオープンした。(Wikipediaより引用)

 

里のMUJIには、無印良品のショップやMUJIのカフェのほか、交流スペースなどがあります。農産物やおみやげが買えるみんなみの里ショップもあります。

 

ここに行くべき3つの理由

f:id:tateyama-lohas:20190504173803j:plain

MUZIに日本酒も置いてありました

 里のMUJIの印象は、かなり「無印テイスト」だと感じました。建物の色はシンプルで統一感があります。店内はMUJIそのものでした。

 

そんな里のMUJIには、3つのお勧めポイントがあります。①Cafe&Meal MUJI(MUJIのカフェ)からの里山の風景②みんなみの里のショップでは、農産物、花苗やおみやげが買えるしかもレイアウトが綺麗、③開発工房という交流スペースがあることです。

 

①Cafe&Meal MUJIからの眺め!

f:id:tateyama-lohas:20190504173018j:plain

Cafeからの眺め

 MUJIのカフェ&レストランがあります。店内は天井が広く開放感があります。またカフェテラス席もあり、そこからは写真のような景色が広がります。いつまでも風景と共にいたいと思わせる雰囲気でした。

  

②みんなみの里で農産物や花苗を買おう!

f:id:tateyama-lohas:20190504173353j:plain

みんなみの里 店内

みんなみの里の店内は、以前からの商品と変わらないと思いますが、レイアウトがかなり変わりました。写真の通り工夫を凝らした今風のレイアウトです。

 

有名企業が手掛けると同じものを並べていても全く違った印象になると思わざるを得ない光景でした。
 

③開発工房は交流スペース

 「MUJI」、「みんなみの里」の他にもうひとつ「開発工房」という建物がありました。ここで様々なイベントを行い田舎と都市の交流の場となっています。

f:id:tateyama-lohas:20190504211324j:plain

出典:MUZI 無印良品

 

アクセス 

 富津館山道、鋸南保田インターから車で40‐50分くらいです。鴨川駅からは10kmほどです。駐車場は、あまり広くありません。今回は非常に混んでいて、第2駐車場に案内されました。

 

詳しいMUJIの情報

里のMUJI みんなみの里

 

まとめ

f:id:tateyama-lohas:20190504174021j:plain

今回の「里のMUJI」はいかがだったでしょうか?

 

前回に引き続き鴨川特集をしました。鴨川は海もいいですが、里山の風景が綺麗で演出が上手だと思いました。

 

里のMUJIは、都会のMUJIと一味違った雰囲気(田舎であるがゆえに)が楽しめます。前回の「酪農のさと」から10分くらいの距離なのでセットで行くことをお勧めします。

 

YOSHIは、久々にMUJIに行きテンションが上がりました。館山にはMUJIはないですからね。MUJIの買い物をするときはわざわざ富津市まで車で行きます。

 

ほんの100分くらいかかりますが・・・

 

それでは皆さん、ごきげんよう!

 

"Man is a goal seeking animal. His life only has meaning if he is reaching out and striving for his goals."  ( Aristotle )

「人間は目標を求める動物である。その人生は、目標に手が届くときと、目標に向かい努力しているときに意味のあるものとなる」(YOSHI訳)

 

いつも応援していただきありがとうございます!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村