LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

「せっかくの観光地に来たのに雨だよ・・・」 雨が降ったら行くべきスポット  4、白浜海洋美術館

f:id:tateyama-lohas:20190501165538j:plain

皆さん、こんにちは!元号が令和になりましたね。あらためてよろしくお願いいたします。


本日も、せっかく観光地に来たのに雨・・・がっかりですよね。そこで「観光地で雨だよ・・・」シリーズ第4弾、「白浜海洋美術館」を紹介したいと思います!

 

 

白浜海洋美術館とは

f:id:tateyama-lohas:20190501171040j:plain

白浜海洋美術館は、南房総市の野島崎灯台のすぐ下にある網蔵風の和風建築の美術館です。柳八十一ご夫妻が個人で運営する千葉県で1番の歴史がある施設です。海に関する美術品が多数展示されています。

 

江戸から大正にかけて海に関わって美術的に価値の高いものを、千葉県を中心に全国から集め、百点ほど展示しております。特に房総半島発祥の大漁半纏、万祝(まいわい)コレクションは必見です。

先人達の海への心を感じ取って頂けるユニークで個性的な私設美術館でありたいと思っております。(白浜海洋美術館より引用)

 

参照サイト:白浜海洋美術館

白浜海洋美術館HP

 

ここに行くべき3つの理由

f:id:tateyama-lohas:20190501202221j:plain

 白浜海洋美術館は、万祝を中心とする海に関する展示品が多数あります。そこで3つの行くべき理由があります。①白浜の海に関することが学べる②実際に万祝を試着できる③ギャラリーでは南房総在住の画家の作品が常時展示されているなどです。

 

①白浜の海について学ぼう!

f:id:tateyama-lohas:20190501171257j:plain

写真の「船首飾り」をはじめ、「大量奉納絵馬」、「貝合わせ」など海に関する展示品が多数あります。また、参勤交代の大名達が乗った御座船の屏風など歴史的な遺産も展示されています。

 

②万祝(まいわい)を試着しよう 

f:id:tateyama-lohas:20190501192454j:plain

万祝は、漁師が大漁のお祝いに着る晴れ着です。発祥は、房総半島と言われています。

 

船主が船子に、水揚げが千両以上の大漁年にボーナスのような形で年の暮れに反物で贈り、おかみさんが主人の身長に合わせて袷仕立で縫い上げ、翌年一月二日に新しい万祝を着、信仰している神社へお詣りし、船主の家で三日三晩の酒盛りをしたそうです。(白浜海洋美術館より引用)

 

白浜海洋美術館は、「万祝美術館」とも言われるくらいコレクションでは群を抜いているそうです。また、ここでは、万祝の試着が出来ます。インスタ映えすること間違いなし!

 

③ギャラリーで芸術鑑賞

f:id:tateyama-lohas:20190501192653j:plain

ウエマツナナエ作品展 4/7~ 5/6

白浜海洋美術館は、ギャラリーが併設されています。ギャラリーのみの見学は無料です。現在、ウエマツナナエさんの作品が展示されています。興味のある方はぜひ見に来てください。

 

アクセス 

 富津館山道、冨浦インターから車で40‐50分くらいです。駐車場は、野島崎灯台と同じところにとめて下さい。ロータリーではない方の駐車場が空いています。

 

まとめ 

f:id:tateyama-lohas:20190501202242j:plain

本日の「白浜海洋美術館」は、いかがだったでしょうか?

 

白浜海洋美術館は、柳八十一ご夫妻が個人で運営する千葉県で1番の歴史がある美術館です。海に関する美術品が多数展示されています。

 

万祝美術館とも言われるくらいのコレクションです。また、ここで万祝の試着が出来ます。

 

YOSHIは10年も館山に住んでいながら、今回初めて訪れました。オーナーは白浜漁師の生活行動や万祝について丁寧に説明してくれました。有意義な時間を過ごしました。

 

「では、万祝着た写真をインスタにアップしようか!」(ブログに自撮りの写真載せると、妻から「キモい!」っていわれるからね・・・)

 

それでは皆さん、ごきげんよう!

 

 "As long as you know men are like children, you know everything."  (Coco Chanel )

「男は子供のようなものと思っている限り、あたたはあらゆることを知っているということ」(YOSHI訳)*そうなの?・・・

 

いつも応援していただきありがとうございます!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村