LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

「腹減った⁉ 遊ぶ前に、”ばんや” へ行こう」 ゴールデンウィーク、ここは外せないスポット 12、食事処ばんや

f:id:tateyama-lohas:20190426114001j:plain

食事処「ばんや」

皆さん、こんにちは!「PTAの役員って何するんだろう?」 PMKのYOSHIです。

 

本日も、館山周辺のお勧めスポット、「ゴールデンウィーク、ここは外せない スポット」シリーズ第12弾で、「ばんや」(食事処)を紹介します。(鋸南町です)

 

 

ばんやとは

f:id:tateyama-lohas:20190426114700j:plain

 

ばんやは、千葉県鋸南町にある漁協直営の食事処です。「漁師料理中心の本館」、「日本料理、コース料理中心の新館」と「炭酸温泉のばんやの湯」から成り立っています。今回は、本館を紹介したいと思います。

 

ここへ行くべき理由

いつも観光客で賑わっているばんやは、2つの行くべき理由があります。1つ目は、海鮮料理がうまくてリーズナブルな価格で提供されていること2つ目は、おみやげ(直売コーナー)のラインナップがすごいことです。

 

1、海鮮料理がうまくてリーズナブル!

f:id:tateyama-lohas:20190426114953j:plain

 

ばんやでは、新鮮な海鮮料理がリーズナブルな価格で提供されています。「さしみ6点盛り」、「金目鯛姿煮」、「さんが焼き」などが定番のメニューです。天候や水揚げの状況によりメニューが変わることがあります。早速注文しましょう!

 

2、おみやげ(直売コーナー)もすごい!

f:id:tateyama-lohas:20190426115136j:plain

おみやげの一例

ばんや本館の横には、おみやげ屋(直売コーナー)があります。新鮮な魚介類や干物、総菜などを販売しています。左のイワシは、セグロイワシです。その他にもヒイラギやアジの干物がありました。右の真イワシの値段は、何と1匹20円!
 

アクセス 

 

富津館山道、鋸南保田インターから車で10分くらいです。YOSHIのお勧めは、富津金谷インターで降り、海沿いの道を20‐30分走ることです。フェリーや鋸山を見ながらのんびりドライブするのもいいと思います。

 

まとめ

f:id:tateyama-lohas:20190426114913j:plain

 

本日の、「ばんやへ行こう!」は、いかがだったでしょうか?

 

南房総らしい海鮮料理を食べるならここは外せないです。なぜなら、1、「さしみ6点盛り」などの海鮮料理がうまくてリーズナブルな価格で提供されていること、2、直売コーナーで新鮮な魚介類や干物などがゲットできることです。

 

さらに、直売コーナーのお母さん お姉さんの対応が素晴らしかったです。YOSHIも魚のことを色々と教わりました。また会いに行きたいです!

 

「イワシを大量に仕入れた!(1匹20円の)今日は、イワシ三昧だ!(どうやって料理するの?)」

 

それでは皆さん、ごきげんよう!

 

"By working faithfully eight hours a day, you may eventually get to be a boss and work twelve hours a day."  (Robert Frost)

「1日8時間誠実に働くと、あなたは最終的に上司になり、12時間働くことになる」(YOSHI訳)*海外の管理職は、基本むちゃくちゃ働きます。給料は半端ないけど。

 

いつも応援していただきありがとうございます!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村