LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

「イオンタウン館山へ行こう!」ゴールデンウィーク、ここは外せない in 館山 10、イオン館山店

f:id:tateyama-lohas:20190423185741j:plain

イオンタウン館山

皆さん、こんにちは! ピーナッツメイト1号会員のYOSHIです。(*1)

 

本日も、館山のお勧めスポット、「ゴールデンウィーク、ここは外せない in 館山」シリーズ第10弾で、「イオンタウン館山」を紹介します。

 

 (*1)会長は「めいめい」さんです。

kuroyagi1.hatenadiary.jp

 

 

イオンタウン館山とは

f:id:tateyama-lohas:20190423190156j:plain

 

イオンの歴史は、1970年にさかのぼります。 岡田屋、フタギ、シロの企業3社が提携をして「ジャスコ株式会社」が誕生しました。2001年に「ジャスコ株式会社」は、「イオン株式会社」へと社名を変更しました。

 

現在の営業収益は、8兆9300億円、21,742の店舗数を誇ります。本社は千葉県の幕張にあります。(*2)

 

今回は、イオンの「館山店」を紹介します。

 

(*2)参照サイト:AEON企業情報

企業情報 | イオン株式会社

 

ここに行きべき3つの理由

 皆さんご存知の通りの「イオン」ですが、「イオンタウン館山」は、少し異なります。他のイオンとの違いは、①とにかく広い駐車場、②独自のフードコート、③目の前は海の3つです。

 

①だだっ広い駐車場!

f:id:tateyama-lohas:20190423190407j:plain

駐車率100%を見たことありません

まず、写真をご覧ください。1階建ての建物にこの駐車場は、あり得ません(Too much!)。混んでるのは、建物のすぐ近くのスペースだけです。

 

YOSHIはこの10年、駐車場がいっぱいで駐車待ちという状況を見たことがありません。今後もないと思われます。

 

②独自のフードコート!

f:id:tateyama-lohas:20190423190954j:plain

フードコート

イオンのフードコートは、だいたい同じですね。「マクドナルド」や「サーティワンアイスクリーム」、和ダイニング「四六時中」などが入っています。その他有名なお店も多数(?)あります。

 

館山らしいのは、写真右側の「須藤牧場」のお店があることです。須藤牧場は、館山市にある牧場で、牛乳やソフトクリームが有名です。(*3)

(*3)参照サイト:須藤牧場

須藤牧場

 

③目の前が海!

f:id:tateyama-lohas:20190423191126j:plain

鏡ケ浦(館山湾)

最大の特徴は、歩いて1分(駐車場が広すぎるため)で「北条海岸」に出ることです。買い物をして、フードコートで食事をして、腹ごなしに海岸をお散歩する。こんな過ごし方もあります。

 

波が穏やかな館山湾は、通称「鏡ケ浦」と呼ばれています。色々な船が停泊しています。タンカーや豪華客船、YOSHIが好きな「帆船」も時々停泊しています。

 

また、空気が澄んでいるときは、「富士山」が見れます。

 

アクセス 

 

富津館山道路(高速道路)、冨浦インターから車で10分くらいです。海沿いに来ると景色を楽しめます。ゴールデンウィーク中やお盆休みでも駐車場の心配は無用です。

 

まとめ

f:id:tateyama-lohas:20190423191347j:plain

 

本日の「イオンタウン館山へ行こう!」はいかがだったでしょうか?

 

イオンは、日本全国にありますが、「イオンタウン館山」は、①とにかく広い駐車場、②独自のフードコート、③目の前は海の点で異なります。

 

YOSHIは、毎週火曜日にイオンに行きます。なぜなら、火曜日は「火曜市」を開催しているからです。今日も、「お買い得品」と「本麒麟」(ほんきりん)と「ミックスナッツ」を買いました。

 

買い物の後は、(ネタを考えながら)北条海岸を散歩しました。冷凍食品が溶けていることに気づかずに・・・

 

それでは皆さん、ごきげんよう!

 

 "The first symptom of true love in man is timidity, in a girl it is boldness."  (Victor Hugo)

「本物の愛の最初の兆候は、男は憶病に、女は大胆さにある」(YOSHI訳)*そうかもしれませんね。

 

いつも応援していただきありがとうございます!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村