LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

「とある大学生のダイアリー(昭和編)」 YOSHIのはずい日記:大学生編

f:id:tateyama-lohas:20190412153030j:plain

皆さん、こんにちは!バブル経済の感覚を、未だに引きずっているしょうもないYOSHIです。


本日は、そんなしょうもないYOSHIが、若い世代へ送るしょうもない人生を語ります。

はじめに

f:id:tateyama-lohas:20190412150356j:plain

2月の終わりに、ブログを始めて約50日が経ちました。ありがたいことに読者は、200名を超えました!この場を借りて御礼申し上げます。(調子に乗ってもいいのかな?)


当初は、移住を考えているオッサン方々が読者になることを想定していましたが、最近では、20代の方や学生さんが読者になってくれるようになりました。とても真面目に自分と向き合い、真剣に書かれたブログが多く、応援したい気持ちでいっぱいです。


そこで、YOSHIが学生の頃や20代の頃は、どのように過ごしていたのかを、日記形式で振り返りたいと思います。今回は、学生の頃に戻り、どんな生活を送っていたのか振り返ります。(*1)


(*1)役立つアドバイスや教訓は何もありません!

1990年前後はどんな年だった

f:id:tateyama-lohas:20190412140649j:plain

1990年は、昭和から平成に年号が変わり2年目に入った年でした。政治では、東(共産主義)と西(資本主義)に分かれていたドイツが、「ベルリンの壁崩壊」により統一されました。YOSHIは、人々がベルリンの壁を壊しているのをテレビで見ていました。

f:id:tateyama-lohas:20190412204950j:plain

経済では、「バブル経済の崩壊」が一部で始まっていましたが、一般の人はそれに気づかず、相変わらず浮かれていました。共通一次試験が廃止され、「センター試験が導入」されたのもこの頃です。(センター試験のことを共通一次と言っているあなた!バブル世代ですね!)(*2)


(*2)そのセンター試験も今年で最後でした。

とある大学生の1日(YOSHIの回想日記)

f:id:tateyama-lohas:20190412152430j:plain

朝(通学編)

朝5時、目覚ましと共に起き、「朝シャン」(*1)をして、着替える。お気に入りの「VAN」のジャケット(*2)を羽織ると1日の活力が湧いてくる。その下は、「ラルフローレン」のポロシャツだ。もちろん、襟を立てている。(*3)さて、「リゲイン」を飲んで出発だ!(*4)


コンビニでの早朝バイトは、だいぶ慣れてきた。2時間ほどでバイトを終え、学校へ行く。電車は、いつも満員だ。前のオヤジの「ポマード」(*5)の匂いが鼻につく。横のオジサンは、新聞を綺麗に8つ折りして読んでいる。「器用だな・・」新聞を一緒に見ていると、「F1 :鈴木亜久里、日本人初の入賞」とある。F1の人気はすごいものだ!YOSHIもいつかは、鈴鹿サーキットで直接みたいもんだ・・(*6)


脚注
(*1)朝シャン 朝、洗面台で髪の毛だけを洗うことシャワーがないと悲惨である。失敗すると全身が濡れる。

(*2)アイビーの代名的なブランド当時大人は、イタリアンスーツが人気だったが、学生には、依然アイビーファッションが人気であった。
参照サイト:VAN JACKET INC.
www.van.co.jp

(*3)当時は皆、ポロシャツの襟立を立てていた。いまでもたまに見ます。裸足にローファーも定番

POLO RALPH LAUREN ラルフローレン ポロシャツ 半袖 メンズ 【カスタムフィット】男性用 鹿の子 カノコ ポニー ワンポイント ポロ ★L.XL.XXLの大きいサイズもあります!★ラルフ・ローレン (ralph-lauren-55-0034)

価格:6,995円
(2019/4/12 19:56時点)
感想(3件)

(*4)時任三郎が出演したCM。「24時間戦えますか~!」という勇ましい曲だった。

(*5)整髪料の一種である。主にリーゼントやオールバックのヘアスタイルにするときに使う。

BROSH POMADE115g【BROSH】(ブロッシュ) 正規取扱店(Official Dealer)【ポマード/整髪剤】

価格:2,484円
(2019/4/12 19:52時点)
感想(5件)

(*6)当時F1の人気はとても高かった。いつかは、鈴鹿サーキットでF1を見たいと願ったものだ。
f:id:tateyama-lohas:20190412200435j:plain

昼(学校編)

学校に着くとすぐにカフェテラスに向かう。友達が数人でたむろってる。その中の1人にカセットテープを返した。(*1)「ありがとう。ダビングしたよ!」「やっぱり角松敏生っていいね!」当時、ユーミンとサザン(*2)ユーロビート(*3)しか知らないYOSHIには、「角松敏生」は新鮮な音楽だった。(*4)


「今日授業どうする?」「じゃあ、YOSHIが出席カードとノートやっとくよ」当時は、順番で誰か一人が、仲間全員分の出席カードを代筆し、ノートを書いたものだ。


大学の授業は90分だが、大抵の先生は10分から15分遅れてやってくる。しかし、今日の「簿記」の先生の授業は厳しい。まず、チャイムが鳴った瞬間に、ゼミの学生にドアをロックさせる。遅刻したら絶対に入れない。授業展開は親切丁寧だが、レポート課題が多く、テストは難しい。「A」評価以上を取るのは至難の業である


しかし、YOSHIはなぜか最初から簿記は好きだった。仕組みが面白く、知れば知るほど役に立つように思えた。のちに勉強して、「全経簿記1級」を取得することになる。(ドヤ!)


脚注
(1)インターネットのない時代なので、ダウンロードなんてない。>カセットテープをダブルデッキのステレオに入れてダビングするのが一般的だった。

(2)夏は、サザンオールスターズ>冬は、松任谷由実のカセットをBGMにして車でドライブするときの定番でした。

(3)当時、Discoでかかっていた曲やヨーロッパの曲をまとめたものでした。

ユーロビートは、主にシンセサイザー等の電子楽器を多用した、4/4拍子で、BPMが120〜160前後の速いテンポの楽曲である。元はヨーロッパで1970年代より流行していた「ユーロ・ディスコ」、またイギリスで1980年代前半に登場し、その後ヨーロッパ全土で流行した「Hi-NRG(ハイ・エナジー)」、そして同時期にイタリアで生産されヨーロッパ大陸を中心として流行した「イタロ・ディスコ」に端を発しており、1980年代中頃よりヨーロッパ全土で流行した。(Wikipediaより引用)

(4)彼の音楽は新鮮でした代表曲は、「You're my only shinin' star」(中山美穂に提供した曲)

夕(アルバイト編)

学校が終わったら、バイトだ。YOSHIは、ショッピングモールで働いていたが、この会社は、色々な経験をさせてくれた。最初は寝具売り場、次は家電売り場、今は洋服売り場だ。洋服をディスプレイするのは本当に楽しい。時給は650円だったが、あまり気にならなかった。友達もたくさん出来た。


今日は、週に一回の飲み会の日だ!社員さんが奢ってくれるので、学生バイトはただで飲めるのだ!(*1)その代わりに場を盛り上げることを要求される。今日はどんなネタをやろうかな。しかし、一発芸をやって一気飲みをするとその後の記憶があまりない。いつものことだから気にしない。


気が付くと、カラオケルームにいた。ミラーボールが回転している。ここはスナックか? いやいつもの所だ。カラオケは1曲100円かかる。(*2)しかし、社員はこぞって1000円札を投入していく。学生はお金を払ってはいけないルールだ。しかし、歌って盛り上げなくてはならない。よし、景気付けに、爆風スランプを歌おう!「ランナー、お願いします!」


今何時だろう?明日の早朝バイトに遅刻しないように、今日は起きていよう。


夜はこれからだ!


脚注
(*1)バブルの頃は、先輩や社員は率先してお金を払った。学生や後輩がお金を払うことは一度もなかったと思う。

(2)カラオケが出始めの頃は、ルームチャージの他に1曲100円かかった。さらに飲んだり、食べたりで、一体いくら使っていたのだろう?毎週だよ!学生だったので楽しかった記憶しかない。

おわりに

f:id:tateyama-lohas:20190412153056j:plain

有益な話どころか、ただの昔話になってしましました。YOSHIと同じ世代の人は、懐かしかったと思います。


では、あの頃に戻りたいかと言えば、「NO」です。いつだって「今」が一番いいに決まってます!


今を楽しもう!


それでは、またね! Chao!


”What is a cynic? A man who knows the price of everything and the value of nothing.” (Oscar Wilde)
「皮肉屋とは何だろう。すべての物の価格を知っているが、どんな物も価値が分からない人のことである」(YOSHI訳)


いつも応援していただきありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村