LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

「田舎暮らし、貸借対照表?」 移住して得たもの、失ったもの

f:id:tateyama-lohas:20190402162247j:plain

 

皆さん、こんにちは!ブログ初心者のくせに、調子に乗って先輩面してしまう(謙虚さ0)YOSHIです。

 

本日は、館山に移住して、得たもの、失ったものを「貸借対照表」に例えて報告したいと思います!

 

もくじ

 

貸借対照表とは

 

f:id:tateyama-lohas:20190403194432j:plain

 

いきなり難しい言葉が出てきましたが、「経営者」、「投資家」、「経理担当者」には、おなじみの「決算報告書」の書類の1つです。

 

簿記資格保有者のTeacher YOSHI が、超簡単に説明します。(ドヤ!)

 

例:4月3日 現金100万円で中古のBMWを買った。(あまりない例かな)

 

家計簿(単式簿記)なら、単にマイナス100万円です。

 

ところが、複式簿記(会社の経理で使う方法)ですと、

 

4/10 借 車両(資産) 1,000,000 / 貸 現金(資産) 1,000,000 となります。

 

「貸借対照表」は、借方(左側)には、増えたものを記入し、貸方(右側)には、減ったものを記入するルールがあります。(*1)

 

この場合は、100万円の価値の車が「資産」として計上され、代わりに100万円の現金(資産)が減ったことを意味します。

 

つまり、何かを得ることは、何かを失うことことであり、何かを失う代わりに、何かを得る。物事には、コインの表裏のように両面があるということです。

 

(*1)貸借対照表の「資産」項目のみ。「負債」「純資産」は割愛します。

 

決算

それでは、館山移住を「衣・食・住」で「決算」をしてみましょう!仕訳のルールは簡単です。借方(左)が「(移住で)得たもの」、貸方(右)が「(移住によって)失ったもの」です。

 

衣(移)

 f:id:tateyama-lohas:20190403194749j:plain

 

まずは、「衣」ですが、あまり変わらないので、移動の「移」にします。

 

借 (車で)駆け抜ける喜び / 貸 電車やバスからの景色

 

都会では苦痛を伴う通勤も、今となっては懐かしい思い出です。今では、東京から電車に乗ると、ずっと車窓からの景色を楽しんでいます。寝るなんてもったいない!

 

車は田舎で運転した方がいいです。海沿いの空いた道を軽快に走るのは気持ちのいいものです。

 

f:id:tateyama-lohas:20190403201910j:plain

 

大きな変化があったのは、「食」です。ヘルシーになりました。

 

借  毎日美味しい魚や野菜 / 貸 メキシコ料理やお洒落なバー

 

サラリーマン時代は、会社の経費で 接待でよく、イタリアンやメキシカンレストランで取引先の人と食事しました。美味しいお店たくさんありますよね。

 

今は、ご近所からもらった野菜や新鮮な魚を食べています。朝マックもしてません。おかげで健康になり体重も減りました。ダイエットにはとても良い環境です!

 

f:id:tateyama-lohas:20190403202608j:plain

 

「住」環境も大きく変わりました。

 

借 広い庭付きの一戸建て / 貸 スペース効率の良い空間

 

都会ではマンションかアパートです。一戸建なら3階建てで、1階が駐車スペース兼、玄関ですね。スペースを有効に使っていると思います。

 

一方田舎は、土地にさほど価値がありませんので、150坪、200坪は当たり前です。そのため無駄にスペースを使います。家も広ければ広いだけ物を置きますので、いつも雑然とした感じになります。田舎では、ミニマリストにはなれません!

 

さらに、「負債」の項目を加えると、(借(左側)が減る、貸(右側)増える)

 

借 周りに気を使う生活 / 貸 草刈りの手間、虫との闘い

 

都会では、周りに気を使いながら生活していたのが、田舎ではその必要はありません。しかし、2週間に1回草刈りが必要なこと、ハチ(スズメバチ含む)やムカデ、ヘビなどが普通にいます。こいつら この危険生物たちが家の中にいたこともあります。

 

まとめ

 都会暮らし、田舎暮らしそれぞれに良い点、悪い点があります。何かをするということは、コインを1枚得ることと同じです。表のデザインは良いこと、裏のデザインは悪いことです。

 

 

さて、あなたは、コインを受け取りますか?

 

 

 

"You know what charm is: a way of getting the answer ‘yes’ without having asked any clear question."  (Albert Camus)

「魅力というものは、ちゃんとした質問をしないでも”はい!”と言ってもらえることなのだよ」(YOSHI訳)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

いつも応援していただきありがとうございます!

 

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村