LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

「田舎暮らし卒業します!」さよなら⁉ 

f:id:tateyama-lohas:20190327215635j:plain
奥の背の高いマンションが館山駅周辺 真ん中の白い点がが館山城


皆さん、こんにちは!電車は20分待てるけど、渋滞は2分待てない館山仕込みのYOSHIです。


突然ですが、皆さんにお知らせです!「田舎暮らし卒業します!」(←今までしてたっけ?) 


本日は、その顛末についてお話します。


もくじ

テナント退去の連絡

それは、1通のメールから始まりました。「テナントさん、次回は更新しないそうです。」


その一文だけの簡素なお知らせでした。


「え! 突然だな。でも・・・」


青天の霹靂でしたが、同時に嬉しい気持ちもありました。


「いいタイミングかもしれない!」

館山市内のマンション

f:id:tateyama-lohas:20190330191152j:plain
城山公園


YOSHIは、館山市内にマンション(区分所有)を持っています。


すでにテナントがいる物件でしたが、立地の良いマンションでした。バス停が近く、頑張れば駅まで歩ける距離。そしてベランダから館山城が見える!


子供が高校生になる頃、住めればいいかなと思い、数年前に購入しました。


その息子も今年で中2病 中3です。


高校は、市内(まちなかの意味)しかありません。


今の場所から高校へ通うために、自転車で山越えをしなければならないのです。夜は危ないし、雨が降ると車で送迎しなくてはいけないし・・・


「来年は、市内にアパートでも借りてそこに住もうかな」


他の人に自己所有の物件を貸して、自分は他人所有の物件に住むという変な状況なのですが、選択の余地はなさそうです。(no choice)


そんなことを漠然と考えていました。

宿泊施設すぐ近くの家

YOSHIは、現在、宿泊施設のすぐ近くの家に住んでいます。(借家です)施設の管理がしやすいためです。


太い梁のあるこの和風住宅(昭和の家)に住んでから、年月が経ちました。愛着もあります。


別荘地の一戸建てに住むことは、移住者にとって(人間関係が)気楽なのです!


何といっても、宿泊施設で何かあった時、すぐに駆け付けることが出来ます。


この場所に留まることも意味があります。

まとめ:移るべきか、移らぬべきか。それが問題だ!

f:id:tateyama-lohas:20190330192916j:plain
菜の花とミツバチ


館山市内に移るべきかどうか、しばらく悩みました。


「あと1年くらい人に貸したい。」しかし、そんな都合よくいくわけもありません。


宿泊施設の管理もあります。施設の敷地内に事務所建てようかな?


そして、悩んだ末に決めました。


「館山市内に引越す!」


つまり、館山田舎暮らし」を卒業します!


そして、「館山街中暮らし」を始めます!


しかし、


ひとつだけ問題があります。


「子供にどう話そうか?」


"You can’t get away from yourself by moving from one place to another." (Ernest Hemingway)
「ある場所から違う場所へと移っても、結局、自分からは逃れられない」(YOSHI訳)


最後まで読んで頂きありがとうございました。


いつも応援していただきありがとうございます!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村