LOHASな暮らし in 館山

貸別荘オーナーによる館山移住日記です。日々の話題を書き綴ります

移住成功者⁉ の本当の生活(1)YOSHIさん

こんにちは。館山でシンプルライフを送っているYOSHIです。


今回から、長く館山に滞在する移住者は、どんな仕事をしているのか?どんな生活をしているのか?そしてどこに向かって行くのか?をテーマにインタビューし、皆さまにお伝えしていこうと思います。安房地区への移住に興味がある方々へのお役に立てれば幸いです。


最初の移住者は、YOSHIです。YOSHIの生活の実態を暴露お伝えしたいと思います。(←知人へのインタビューの練習になるので、最初でお願い致します。!)

f:id:tateyama-lohas:20190301210826j:plain

現在のプロフィール

YOSHIです。千葉県館山市の別荘地に住んでいます。自営業で「貸別荘オーナー」をしています。正確には、会社を設立しているので「会社役員」ですが、ややこしいので、「自営業者」とします。


貸別荘の運営事業」がメインですが、他に他人所有の別荘を清掃する「清掃請け負い事業」、英語を中心とする「教育関係事業」などをしています。投資については、ここでは触れません。

移住前のプロフィール

埼玉県〇〇市に住んでいました。2007年から自営業者として「中古自動車の輸出事業」をメインとして他に、中古車をオークションからオークション転売する「オークションまわし」の事業をしていました。


また、「外国為替」(つまりFX)や「海外ヘッジファンド」(海外で直接申し込みました)などの投資を積極的に行っておりました。


海外で暮らした経験は2度あります。1度めは、アイルランドへの語学留学シンガポールでの就職です。


25歳の時に「ダブリン」(アイルランドの首都)で2カ月間語学遊学留学をしました。YOSHIにとっては初めての外国でした。現地の友達もでき(人種差別も受けましたが)楽しかったのですが、言葉や文化の差異、人種について深く考えるきっかけになりました。


35歳の時、「シンガポール」に移住しました。日常生活を変えたくて、当時勤めていた会社(中古車の輸出会社です)を辞め、シンガポールに職探しに行きました。何社か面接をした後、自動車を扱う会社からお誘いを受け、そちらに就職しました。(現地採用です)


仕事は、主に日本から新車を並行輸入して現地ディラーに売り込むこと、シンガポールで発生する中古車を海外に輸出することの2本立てでした。しかし、家族が体調を崩し、移住を断念。1年余りで日本に帰国しました。

移住のきっかけ

以前のブログにあります。こちらをご覧ください。
www.tateyamalohas.work
www.tateyamalohas.work

なぜこの場所(館山)なのか

以前のブログにあります。こちらをご覧ください。
www.tateyamalohas.work

移住してから変わったこと

移住前は、海や里山の風景に癒されました。海を見ながら永遠に時を過ごしたいと。今は、東京に行くとそのエネルギーに癒されます(笑)


定期的に草刈りや生垣の木を切るようになりました。東京は、コンクリートジャングルですが、我が家は、草刈りを怠ると本当のジャングルになります


田舎の良さと都会の良さを平等に見れるようになりました。移住前は都会の悪いところばかり目についていました。また、田舎の良い所しか見えませんでした。

移住して良かったこと、悪かったこと

以前のブログにあります。こちらをご覧ください。
www.tateyamalohas.work

10年先もここ(館山)にいますか?

今のYOSHIには、目標があります。①館山にインバウンドが来やすいように拠点を作ること②夢を持つ移住者を応援するための体制(主に情報面から)を作ることインバウンドも移住者も自由に交流できる場所を作りたいです。これを達成するために全力で仕事をしています。


10年先のことは分かりません。しかし志(こころざし)半ばで館山から去るつもりもありません。もし、同じ志をもつ方がいらっしゃいましたら、是非協力して下さい!よろしくお願いいたします。


”Step by step. I can’t see any other way of accomplishing anything.”(Michael Jeffrey Jordan)
「一歩一歩着実に。何かを達成するためにはこれ以外の方法はない!」(YOSHI訳)


最後まで読んで頂きありがとうございました。


励みになります。よろしくお願いします!
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ 館山情報へ
にほんブログ村